セカンドオピニオンとしての診察もお任せください

セカンドオピニオンとしての診察もお任せください

大井町の歯科医院「医療法人社団HS会 まるは歯科・矯正歯科」では、セカンドオピニオンを承っております。セカンドオピニオンとは、最適な治療を受けるために主治医以外の別のドクターの意見を聞くことです。しっかりと納得したうえで治療を受けたい方、今通院している歯科医院の治療に不安がある方のための手段として、歯科の分野でも一般的になりつつあります。

歯科に限った話ではありませんが、医師によって考え方・方針が異なりますし、知識・実績にも差があります。どんな医師にも、得意な治療・苦手な治療があるものです。つまり、まったく同じ症状・病気でも、医師によって治療の方針や内容が変わるのは珍しいことではなく、場合によっては、治療結果も大きく変わってきます。一人の医師の診断だけでは、患者様に偏った情報しか提供されないことがあり、結果として満足できない治療を受けてしまうリスクがあるのです。

このようなリスクを回避するために利用したいのが、セカンドオピニオンです。患者様ご自身が納得したうえで最適な治療を受けるため、積極的にセカンドオピニオンをご利用ください。

セカンドオピニオンでよくあるご相談

※相談内容をクリックすると詳細がご覧いただけます。

インプラント治療に関するセカンドオピニオン

■ インプラント治療を受けたかったけど、「できない」と言われた・・・

インプラント治療を受けたかったけど、「できない」と言われた・・・

患者様の状態によっては、インプラント治療ができない場合・しないほうがいい場合があります。しかしながら、技術的な問題で「できない」と説明している歯科医院も存在します。

インプラント治療を受けるためには、「一定の厚さの顎の骨」が必要になりますが、顎の骨が足りない患者様でも「骨造成法」という手術を行うことでインプラント治療が可能になるケースもあるのです。当院は、骨造成法に対応しておりますので、他院でインプラントができないと言われた方も、一度セカンドオピニオンをご利用ください。

>> インプラントを成功させるための取り組み

■ 「抜歯してインプラントにするしかない」と言われたけど、できれば抜きたくない・・・

「抜歯してインプラントにするしかない」と言われたけど、できれば抜きたくない・・・

「歯を抜く」と言われたものの、本当に残すことができないのかと疑問をお持ちの方は少なくありません。もちろん、誰が見ても抜かざるを得ないほどむし歯・歯周病が重症化している場合もありますが、医院側の都合で「抜歯→インプラント」を勧めている医院があるのも事実です。

当院では、「抜歯は最終手段」と考えており、歯を残せる可能性が1%でもあるのなら、そのためにあらゆる手段を講じていきます。実際に、他院で抜くしかないと言われた方が、当院で治療を受けて、現在きちんと噛めるようになっているケースが数多くございます。当院のセカンドオピニオンでは、「抜歯の前にできることはすべてやったのか?」という観点から診断を行い、当院ならどんな治療ができるのかをご説明させていただきます。

矯正治療に関するセカンドオピニオン

■虫歯は他の医院で治療をしてきてと言われた・・・

虫歯は他の医院で治療をしてきてと言われた・・

矯正を専門で行っている医院は、検査をした際にむし歯を発見したら他の医院での治療をすすめることが多くあります。あくまでの矯正を専門で行っているので、むし歯の治療などは行っていないためです。

当院では、矯正学の博士号を取得し、認定医の資格を持つ副院長が矯正を担当し、むし歯があれば、歯学博士の院長が治療を行います。そのため、他の医院に治療をしに行くことなく、当院で完結することができます。
一つの医院にいながら他科と連携を取ることで、お口の中の状況を総合的に判断することができ、費用削減と時間の短縮にもつながります。

>> 当院の矯正歯科の説明はこちら

■手術が必要と言われた・・・

手術が必要と言われた・・・

矯正治療は必ず手術が必要とは限りません。場合によっては手術をしないで済むこともありますので、一度詳しく検査をすることをおすすめします。

>> 当院の矯正歯科の説明はこちら

入れ歯治療に関するセカンドオピニオン

■ 入れ歯を作ったけど、合わなくて痛い・・・

入れ歯を作ったけど、合わなくて痛い・・・

入れ歯というのは、使っているうちに合わなくなってくるものですが、はじめから合っていない場合は、入れ歯作製上の技術的な問題も考えられます。あきらめて使い続ける方、作製した医院に行って調整してもらう方などがいると思いますが、こういった場合こそ、セカンドオピニオンを活用すべきです。入れ歯そのものに不具合がある場合だけでなく、入れ歯の種類が的確でない場合や、入れ歯のデザインが望ましいものではなかったと考えられます。

補綴治療に関するセカンドオピニオン

■ 入れたばかりの詰め物が、1ヶ月もしないうちに取れてしまった・・・

入れたばかりの詰め物が、1ヶ月もしないうちに取れてしまった・・・

詰め物が何度も外れてしまってお困りの方は、意外と多くいらっしゃいます。いちばん良くないのは、支障がないからといって、詰め物が外れた状態をそのままにしておくこと。放置していると、しみたり痛んだりしますし、むし歯が再発するリスクも高まります。とはいえ、外れるたびに歯科医院に行くのは負担になりますし、「本当にこの医院で大丈夫?」といった不安も出てくると思います。セカンドオピニオンは、このような場合に有効です。まずは、自分の歯の状態に合った詰め物なのかどうかを、第三者の目で確認してもらいましょう。

■ 銀歯を白い素材に替えたい・・・

銀歯を白い素材に替えたい・・・

銀歯の大きなデメリットは見た目が目立つこと。そのため、むし歯治療などで入れた銀歯を白いセラミック素材に替える治療を受ける方が多くいらっしゃいます。もう一点、銀歯のデメリットとしてあまり知られていないのが、金属アレルギーの原因になるリスクがあることです。このように、銀歯の見た目やアレルギーの問題を抱えている方にも、セカンドオピニオンはおすすめです。自費治療ではアレルギーの心配がないセラミック素材も多くありますし、費用を抑えて白くしたい場合は、保険でも白い素材を用いることができます。自分にとってどんな素材が最適なのかを知るためにも、セカンドオピニオンを活用するのがいいでしょう。?

当院のセカンドオピニオンをご希望の方は、お気軽に「セカンドオピニオンを受けたい」とお申し付けください。ご来院日を相談させていただきます。

>> 当院の審美歯科はこちら